>

具体的な専門用語を知っておく

ロングの意味

ロングとは、通貨を売ることを言います。
もっと具体的な説明をすれば、自分が欲しい通貨の価値をまずは調べます。
通常より安くなっている時が買い時なので、たくさん購入してください。
安いので、たくさん購入しても大きな負担になることは無いと思います。
通貨の価値は常に変動しているので、急に高くなることが考えられます。

価値が高くなったら、売り時なので早く手放してください。
そのような方法を繰り返すことで、自分の資産をどんどん増やすことができます。
自分が欲しいと思っている通貨の価値が高い時は、まだ購入しないでください。
その時に買おうとしても、たくさん購入できないので利益が少なくなりますし、最悪の場合は元を取れません。

ショートのことを知ろう

FXには、ロングという専門用語があります。
すると反対の意味で、ショートという言葉が使われるのでこちらも一緒に覚えておきましょう。
ショートとは、すでに持っている通貨の価値が高い時に売る行為です。
ですがそのままでは利益を増やすことができないので、通貨の価値が低くなった時にもう1度買い直してください。

一時的に手持ちのお金が少なくなりますが、また価値が高くなった時に売ると倍の金額を手に入れることができます。
通貨の価値の変動を、しっかり確認してください。
スマートフォンでもチェックできるので、仕事で空いた時間があれば常にチェックしましょう。
取引も最近は簡単な操作でできるので、ほんの少し空いた時間に取引ができます。


この記事をシェアする